佐々木俊尚さんのSNS投稿で見かけたこのブログに納得。

内容の無いコミュニケーションを馬鹿にしている人は、何もわかっていない

自分も内容の無いコミュニケーションを馬鹿にしていました。だけど、朝、気持ちよく挨拶されるだけで、とても気持ちがいい。

このブログで言う、自分への敵意とかを感じなく、ちゃんと自分を認識してくれてる安心感というものがあるのだと思う。

ひとは一人では生きていけないって真理のように言われるけど、その社会的な互換性を保つためにも必要な行為なんだろうな。

それに、意味を求め、コミュニケーションを控える有識者は、一種のエラーなのだろうか。そう、たしかに、挨拶に意味なんてないもんなあ。。